ショッピングエリア

着陸 飛行機

格安航空券で台湾旅行を計画されていらっしゃる方におすすめされている、ショッピングエリアに台北101が挙げられます。
繁華街が忠孝東路通り沿いに東方面へ延びておりますが、この台北101は最先端のショッピングエリアだと言われております。名前からも分かるように地上101階建てのビルディングで、高さはおよそ509メートルだとされており、ショッピングやグルメ、展望台などを満喫するころができると言われております。

◇夜市について
台湾の名物であり観光客にも人気が高い夜市は、ファッションや雑貨、屋台などが立ち並んでおり、簡単な旅行会話を覚えて買い物を楽しまれる方が多いようです。
夜市では、値段交渉をしてみるのも楽しみの一つだと言われており旅行会話ブックなどを持参して、旅行会話を実践してみることがおすすめだとされております。
屋台にはB級グルメの食べ歩きなどが出来ることから、買い物に必要な最低限の旅行会話を覚えている方が多いようです。

◇時代を体感できるスポット
淡水と呼ばれる淡水河口北岸の港町には、赤レンガなどの建物や協会などが残っており、東洋と西洋の入り交じった雰囲気を体感することができます。
板橋では、清の時代の豪邸や花園などを見ることができ、台湾の東部にある世界的にも大理石で有名な花蓮や、絶景の海岸線が広がっておりドライブを楽しむことができる太魯閣などがあります。
太平洋側に面している東部では、自然が多く残っており田園風景が広がっていると言われております。

 

移動手段について

飛んでる飛行機

日本から台湾への旅行観光客は年々増えてきており、安く楽しめるのが理由となっています。移動手段についてはジェットスターの格安航空券を利用することで片道最安値の7000円で移動できます。
この格安航空券の価格は期間限定となっており、通常料金とは異なります。この格安航空券では機内食は有料で外部からの飲食物の持ち込みは禁止されております。
この格安航空券では日本から台湾まで2時間程度で到着しますので我慢する人が多くいます。

◇宿はビジネスホテルがお勧め
現地に到着すると宿泊場所の問題が出てきますが、現地では民宿やビジネスホテルが多くあります。宿泊する地域によってビジネスホテルか民宿化を選ぶことがお勧めです。
民宿は料金もお手頃価格で設備もホテル並みに整っております。都市部ではビジネスホテルが有効です。低価格はもちろん、それに加えて交通の便も良いためちょっとした買い物にも役立ちます。
台湾は鉄道が島内を一周しているため基本的にはどこに行くにも便利となっております。

◇旅行会話は重要
いくら近い台湾であるとはいえ言葉の壁は重要です。ある程度勉強して行くことがベストですが、本を持参することで旅行会話は十分対応可能です。
大きなホテルやレストランなどでは日本語や英語が通じるところもいくらかあります。しかし、ビジネスホテルや民宿になると日本語はおろか英語も通じないところも多いので注意が必要です。
文字を書いてもらうとある程度理解しやすいようです。親近感を持ってもらう意味でも簡単な挨拶くらいは覚えておく必要があります。

 

ホテルまでの移動

飛行機 下

例えば台湾旅行を例に挙げてみた場合、日本から台湾までは飛行機で約3時間の人気の国ですが、国際空港から市内まではタクシーか空港バスでの移動になります。所要時間は50分から約1時間。
また、初めて台湾に訪れた人にとって自分の乗るバスを見つけるだけでも一苦労です。
それを考えるだけでも空港送迎が付いたパッケージはおすすめです。
また、旅行会社の多くは送迎時に緊急連絡先を渡してくれるので、何かあったときに相談することができます。

◇現地の言葉を使う
パッケージツアーをすすめる他の理由として言葉の問題があります。
空港送迎の現地係員は、殆どが日本語をしゃべることができますので、旅行会話が苦手な人にとって、初めての国は緊張するものですが、日本語で説明してくれる係員がいることは大変心強いものです。
可能であれば、ホテルまでの車内で簡単な旅行会話を教えてもらうと良いでしょう。
実際に現地の言葉で挨拶やお礼を言ってみると、相手の反応がぐっと違って距離が近くなります。是非試してみてください。